尿失禁の対策を行なう【対策グッズや病院利用のススメ】

尿漏れの治療

聴診器を持つ女医

腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁など、尿失禁にも種類があります。尿失禁の治療としては、骨盤底筋を鍛える体操を行なう治療、膀胱の働きをコントロールするための抗コリン薬とβ受容体刺激薬などを服用する薬物治療など対策があります。適切な治療のため、まずは検査を受けましょう。

More Detail

いろいろな方法を試す

相談

手軽に購入できて便利

尿失禁の原因はいろいろ考えられています。多くは年齢によるものとされているため、歳を取ったら誰でも起こり得ると思っておいた方がいいかもしれません。また、最近では、いろいろな対策グッズが市販されるようになってきています。あまり深く考えこまなくても、手軽に対策グッズを購入できるので便利です。ドラッグストアでよく販売されている尿失禁対策グッズは、特に人気があります。誰でも最寄りのお店で手軽に購入できるからです。しかも、薬ではないので処方箋も要りません。下着の中につけて履くパッドタイプもあれば、そのまま下着として履けるようになっているものもあります。それから、大人用おむつのような感じで売られているものもあります。

泌尿器科を受診してみよう

尿失禁の対策グッズを利用すれば、特に日常生活に支障が出ることはないはずです。それでも、市販品を使うことに抵抗があったり、対策グッズでも思うように対策できなかったりする場合には、泌尿器科を受診してみるといいでしょう。場合によっては単なる年齢のせいではなく、何らかの病気が隠されていることもあるからです。泌尿器科で診てもらうことによって、その状態に合った尿失禁対策も教えてもらうことができます。病気が原因という場合には、当然、薬を処方されることになります。尿失禁といっても様々な種類に分類されるので、症状ごとに処方される薬も異なります。また場合によって、医療的な立場から良いとされる尿失禁対策グッズを提案してくれることになります。泌尿器科で提案されるものなら安心して使えること間違いありません。また対策グッズのみならず、骨盤のトレーニングを提案してくれたりもしてくれます。症状ごとに対策方法も異なるので、泌尿器科でまずは検査を受けたり治療を受けたりすることが大切です。

様々な原因があります

両手を上げる女の人

尿失禁は女性だけではなく、男性にも起こりうるものです。いくつかのタイプがある中で、男性に多いとされているのが、溢流性尿失禁と呼ばれるものです。症状が悪化する前に病院で適切な対策を受けることが大切になります。

More Detail

今後増えると考えられる

医師

尿失禁に悩む人向けに対策グッズは今後増加すると考えられます。治療は泌尿器科で受ける事が出来ますが、特に女性の場合は泌尿器科に通うのに抵抗感を感じる人も多く、今後はそのイメージを変えることも必要になります。

More Detail